写真画像のタイトル

サイドテーブル「KANZASHI」

品番 LT―01―JC
幅 400mm
長さ 600mm
高さ 500mm
材質 栗またはウォルナット、欅など
仕上げ オイル仕上げ
価格 60,000円

大きくて低いセンターテーブルよりも、小さめでちょっと高いサイドテーブルの方が使いやすいと思いませんか?

ありそうでなかったこんなサイドテーブルを提案します。

組み手は「かんざし」接合部に他の種類の材を入れて補強しています。
きれいにスタッキングも可能。2台合わせればセンターテーブルほどの面積。
膝よりもちょっと高めで、お茶する時も動作が楽です。
甲板は丁寧に面取りされ、無垢の板を優しく引き立てます。

杉テーブル

品名 杉テーブル
品番 DT―02―SU
幅 800mm
長さ 1300mm. 1500mmの2種類
高さ 700mm(身長、椅子サイズに応じて自由に設定可能)
材質 国産杉材
仕上げ オイル仕上げ(甲板両面仕上げ)
価格 80,000円より

日本の杉を使ってもらいたい。との思いで作りました。
脚は簡単に分解組み立てが可能になっています。甲板は乗せるだけ。これ以上は出来ないほど、とてもシンプルなテーブルです。
表面はうずくり仕上げ。塗装は食品衛生法も通る自然なオイル。写真にある椅子は別売りです。

豆型テーブル

品名 豆型テーブル
品番 DT―01―JC
幅 900mm
長さ 1300mm. 1500mmの2種類
高さ 700mm(身長、椅子サイズに応じて自由に設定可能)
材質 栗
仕上げ オイル仕上げ(甲板両面仕上げ)
価格 180,000円より

少しでも本物の無垢テーブルを身近に。との思いで作りました。
諏訪地方の市で丸太から仕入れた日本産栗材を5年間天然乾燥。蒸して人工的に乾燥した物とは十年後からの味わいが大きく違います。じっくり時間を掛けて乾かすから反りが少ない。だから反り止めをつけていません。
片面は鉋による鏡面仕上げ。裏は丸鉋による波目仕上げ。独自の両面仕上げは小さいお子様が傷をつけないか。と心配なお母さんにも好評です。
形状は豆型。円の部分は4人がそれぞれ顔を見ながら食事が出来、幅の狭い部分は顔を付き合わせてじっくり話すのに最適な距離感。シチュエーションによって座る位置を選べる優れた形状です。
脚は取り外し可能な4本脚です。

一生デスク

品名 一生デスク
品番 OD―02―JW
幅 700mm
長さ 1300mm
高さ 700mm
材質 クルミ、または栗
仕上げ オイル仕上げ
価格 170,000円(引き出しワゴンは別売り80,000円)

PCを置く事から、お客様より「もう少し大きくできない?」との声。それに応えたらそれは小さめなダイニングテーブルの大きさ。
子供に初めて買うデスクとしては大きいけれど、その子が独立するときにはこのデスクを持って、ダイニングテーブルとして使う事が出来る。子供が家を建てる頃には新しい大きなテーブルが必要だから、これはまた新たな子供のためにデスクに逆戻り。
そんな風にデスクとテーブルの間を行ったり来たりして代々使えるから「一生デスク」レール付きのファイル入れもついて、スムーズな操作感の引き出しワゴンは別売りになります。

ほうとう不動店舗用テーブル

品名 ほうとう不動店舗用テーブル
品番 ST―01―KY
幅 5000mm
長さ 8000mm
高さ 680mm
材質 欅
仕上げ チョウナはつり、拭き漆仕上げ

河口湖のレストラン「ほうとう不動」のためにデザインした大きな合い席テーブルです。
8m×5mの大きな面積を、古材の欅をチョウナではつり、ダイナミックに仕上げました。25人まで座れ、微妙な曲線と大木の存在感で、合い席の楽しくなるようなテーブルに仕上がりました。中央に一段下がってステンレスの火鉢を配置。冬には炭の香りでお客様をもてなします。

店舗用としては、長さ4m、幅90cmぐらいまでは1枚板で対応する事が出来ます。
このような無垢の大きな盤面は、欅、栗、ウォルナット、栃、等、多様な材料を20年以上も室内で乾燥させて、いつでもカウンターなどに仕上げられる準備が整っております。

社長さんのデスク

品名 社長さんのデスク
品番 OD―01―JO
幅 650mm
長さ 1700mm
高さ 1030(dh =680mm)
材質 楢
仕上げ オイル仕上げ

大きめのゆったりしたデスクを、とのご注文で作ったデスクです。ゴージャスですが「社長さん」だけが使うと言うネーミングではありません。上部にお宮をつけたり、下に引き出しワゴンを着けたり、自由に展開できます。材料も様々な物でお答えできます。

神代欅座卓

品名 神代欅座卓
品番 JLT―01―JKY
幅 880mm
長さ 1800mm
高さ 330mm
材質 神代欅
仕上げ 白木仕上げ

山形県最上川の河原に、700年以上埋もれていた欅の大木でした。古文書にも記録が残るこの大木は、掘り起こすまでは、地元の伝説になっていたそうです。
1980年、立ったままの状態で埋もれていたこの木は15㍍以上も土を掘り下げて伐り出されました。
神代木としては異例の大きさと杢目の良さで、当時の銘木の世界で話題の木であったそうです。その後長い乾燥の時を経て、神代木ならではの渋い味わいを活かしながら、伝統的なデザインを基調にモダンで軽やかな雰囲気を加味して、永く愛される普遍的で美しい座卓に仕立ててみました。

拭き漆欅1枚板ダイニングテーブル

品名 拭き漆欅1枚板ダイニングテーブル
品番 DT―02―KY
幅 1100mm
長さ 2000mm
高さ 650mm
材質 欅
仕上げ 拭き漆仕上げ

日本では最高級の家具材として人気がある、欅玉杢のテーブルです。手がんなで仕上げ、国産漆を丁寧に十回ほど塗り重ねた表面は、欅の美しさを際立たせます。欅の木は硬質なため傷もつきにくく、永年の使用に耐えます。
その質感を最大限に生かすため、耐久性を損なう人工乾燥をせずに、20年近く屋内乾燥させます。このように時間を掛け、木の癖を徐々に抜いた上で、伝統的な仕上げをする事で、本来この木の持つ魅力を最大限に発揮し、末代まで長く家族と共に暮らす家具となって行くのです。
4枚目の写真からは、同様なこだわりの様々な欅製テーブル、及び座卓の制作例です。価格は材料のグレード、サイズ、脚の形などにより変動します。お問い合わせください。

ウォルナットダイニングテーブル

品名 ウォルナットダイニングテーブル
品番 DT―01―BW
幅 1050mm
長さ 2500mm
高さ 650mm
材質 ブラックウォルナット
仕上げ オイル仕上げ

濃褐色の木肌で人気のあるブラックウォルナットのテーブルです。特に自然の皮肌を生かした作品は、丸太で仕入れ、最高の木目が出るように製材に立ち会い、色の悪化や、質の低下を招く人工乾燥をせずに、10年近く屋内乾燥させた物を使います。そのため時間の経過と共に深い色合いと、豊かな艶に変わり、本来この木の持つ魅力を最大限に発揮します。
末代まで長く家族と共に暮らす家具としては、最高の素材の一つです。4枚目の写真からは、同様な木取りの様々なウォルナット製テーブルの制作例です。価格は材料のグレード、サイズ、脚の形などにより変動します。お問い合わせください。

拭き漆 欅 いろりテーブル

品名 拭き漆 欅 いろりテーブル
品番 DT―01―KYU
幅 1000mm
長さ 1900mm
高さ 650mm
材質 欅
仕上げ 拭き漆

樹齢300年。宮崎県、綾の欅を使ったダイニング用いろりテーブルです。テーブルトップは5分割。それぞれが鉋仕上げと、チョウナはつりの両面仕上げ。気分によって、全面でも、一部だけでも表情を変える事が出来ます。中央部は、デザインされた鉄の五徳が付属し、中で炭を焚くことができます。使わないときは同材の甲板でふたをする事も出来ます。拭き漆の表情は年とともに味わいが増し、まさに末代まで使えるテーブルです。

TAK YOSHINO facebook