写真画像のタイトル
フルオーダー

チェアーフィッティング



チェアーフィッティング

椅子に座って足がむくんだり、腰が痛くなったりした経験はありませんか?

 

現在の椅子は人間工学を元に設計されています。この理論は必要条件ではありますが、十分条件ではありません。さらに、男性体型中心の研究方法であったため、150cm台の小柄な女性にはどうしても大きすぎ、オフィスや交通機関で足がむくむなどの苦しい思いに悩んでいる方も多くいると思います。

世界的に見てもサイズ設定のある椅子メーカーはほんの数社だけ。しかも日本にはほとんど無いので、実は小柄な女性が健康に座れる椅子は存在していないのです。

 

太もも前部の裏側には、浅い位置に血管や神経が通っているために、長時間圧迫すると、足先の血行障害を引き起こします。それを避けるために無意識のうちに足を組んだり、前方に浅く腰掛けたりしてそれを回避してきたのは多くの方が体験しているところです。

身体を無理に椅子に合わせてきたのが今までの常識でした。

 

身体にフィットさせる椅子

よくお客様から「このテーブルに合う椅子を作ってください」と依頼される事があります。気がつかないうちに、「人より物を優先する」考えの中に入っている事があります。

大切な基準はあなたの身体。まずご自身の身体から家具を考えるべきです。

身体各所の寸法を測り、理想的な背骨の形状を、リラックスしたまま容易に保つ事の出来るイスを、個人に合わせて設計し手作りで一脚ずつ作り上げる。さらに整体、生理学などの研究から、体に良く働きかけるツボを支持する事で、その効果を高める工夫をしています。

 

フィッティングをすると、どうなるの?

チェアーフィッティングをすることで、長時間無理なく座り続ける事が出来ます。集中力も増すようです。腰痛の方が楽に座れるようになったという報告もあります。身体の軸が整うので、ゴルフや野球が上達したという方もいます。

何より「良い座り心地」を知る事で、お父さんが早く家の椅子に座りたい。と仕事の後一直線に家へ帰るようになったとか、ご家族からも好評です。

 

どうしたら作ってもらえるの?

フィッティングのためには、御来房頂き、まず身体の状態、現在お使いの椅子に対するご感想をお聞きします。

その後、私の開発したフィッティングマシーンに様々なセッティングで座っていただき、時間を掛けてじっくり身体の変化を見て行きます。時には1時間2時間と観察を続ける事もありますが、実際10時間の事務仕事を快適にこなすための椅子作りを前提に設計しているので、そのために必要なデーターだとお考えください。

ショールームにはSからXLまで、4段階に調整したセミオーダータイプの椅子と、ミリ単位で微調整可能なフルオーダーの椅子が数種類用意してあります。ご自身の用途、予算に応じてお選びください。

まずは河口湖のショールームにて一度座ってみてください。


残念ながら、座り心地はホームページではお伝え出来ないのです。

 

座り心地保証

思い切ってオーダーした椅子が身体に合わなくては、意味がありません。工房木夢ではもしも座って違和感があったり、具合が悪い場合は、必ず良くなるまで微調整致します。どうしても合わない場合は代金を返却致します。(今まで一度もありませんが・・)もちろん椅子本体の保証もしております。

座り心地に必ず満足していただきたい。それが工房木夢のモットーです。

 

椅子と禅

椅子の文化は日本ではまだ始まったばかり。伝統が無いから良い椅子を作るのは難しいという意見がありますが、私はそう思いません。椅子を使う文化はなかったが、座る技術の文化を磨いてきたと考えています。

その技術が座禅だと考えています。日本にもたらされてから900年の歴史を持つこの座り方は、気を中心として、座る技術を完成させました。これが、昇華して茶道、華道、武道等の文化の根幹をなし、日本人の生活の奥深くに根付いているのです。実は日本に於いて座る技術には長い伝統があったのです。

座禅の座り方は「上虚下実」と言われ、上半身の完全なリラックス。丹田への気の充実。それによる全身への気の流れをはかることにポイントがあります。

私の椅子作りの基本は、この座禅の座法を椅子の上で実現する事です。


チェアーフィッテイングとは日本の座る文化を理想姿勢ととらえ、使い手が自分の身体に向き合うための最適な道具を、その身体に合わせて1脚ずつ微調整しながら作り上げる技術なのです。

 

「イスはあなたを癒す事は出来ません。あなたの心が自分の身体に目を向けた時に初めて私のイスは最高の道具として機能するでしょう。」

 
TAK YOSHINO facebook